スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルネームバトン

ハンドルネームバトン

Q1 貴方のハンドルネームは?
A1 樹紫
Q2 読み方を教えて下さい。
A2 きし
Q3 意味や由来は有りますか?
A3 本名の一部を読み替えただけ
Q4 貴方のハンドルネームで気に入ってる所は?
A4 短い所
Q5 そのハンドルネームに決めるまでどれぐらい改名した?
A5 ネットデビューからこの名前
Q6 今まで使ったハンドルネームでまた使ってみたい物は?
A6 別の所で2つ程使ってます
Q7 今まで見てきた中で、使ってみたいと思ったハンドルネームは?
A7 使ってみたい、と思ったことはないですね
スポンサーサイト

故郷の岩屋(上)(中)(下) ジーン・M.アウル

   集英社 2005年12月~2006年02月

おススメ度 8

途中で亡くなった弟と旅に出て四年、ジョンダラーはエイラと共に懐かしい故郷へと戻ってきた。
ジョンダラーの家族達には温かく迎えられるエイラだが、氏族に育てられ、それを誇りに思っているエイラに対し反発を招かれることもあった。

しかしエイラの薬師としての腕はゼラントニーの中でも受け入れられ、やがてジョンダラーと正式な夫婦と認められる。
そしてエイラとジョンダラーの子供が生まれる日が近づく。


この巻から初めて新装版で読んだので、とにかく名前に戸惑いました。
文庫で読んでいた時とシリーズ名も違いますし、人名、他にもこまごまとした所が違います。
今まで旧シリーズではこの巻が刊行されていないので、混乱をしたくない方にはこちらの方の訳で始めから読まれる事をお勧めします。
しかし私は今までのシリーズの方に慣れていますし、シリーズ名も今までの方が好きです。
でもこれはあくまで好みの問題ですけどね。

今回は最初の話以来、三巻分どっしりと一つの所に留まります。
嫌がらせを受けたり反発を受けたりと色々ありますが、エイラの強さは変わらずです。
腰を落ち着けて、より人間に近いクロマニョン人の中にいるからか、ちょっと現代チックな感じもしますね。
やっと幸せへの道を辿り始めたエイラ、続きが楽しみです。

↓このブログに載せた本をまとめたサイトはこちら
小説の海

theme : 書評
genre : 小説・文学

しばらくネットにアクセスできず

ツイッターでも書きましたが、昨日は携帯を家に忘れてしまいました。

駅で気づいたのですが、取りに帰る時間はなく

よりにもよって昨日は夕飯を友達と食べに行く約束をしていました。
何かメールが入っているだろうなとは思いましたが、どうすることもできず待ち合わせ場所へ。

場所の変更もキャンセルもなく友達はそこにいました。
ただ、ちょっと体調が悪かったらしく、直前までキャンセルしようかと迷っていたそうです。

ごめんなさい~~~。

こんなことがあると、携帯がない時いったいどうしていたんだろうと思います。



さて、お目当てのお店が予約で一杯だったので、近くでお店を探してみました。
その中に大きなユニコーンがあるお店が!!
鉄板焼きのお店だったので、そのユニコーンに惹れ中へ。
ちょっと料理が出てくるのが遅かったですが、おいしかったです。

お酒も飲んだのでその日は家に帰ってパソコンを立ち上げることもなく就寝。
ちょっとだけ携帯でグリーはしましたが、サイトを見たりは一切せず。

じゃあ今日はがっつりネットしようと思ったら、母が出かけるから後で待ち合わせる?と聞いてきたので出かけることに。

ネットを立ち上げたのは夕方前。
そこからFreoをいじろうかなと思ったのですが、エレクトーンを弾きたくなったので、再び封印。


なので全然サイトの移行が進みません。
明日は明日で一日出かけますしね。
サイトをじっくりいじれるのは明後日かなぁ。

たぶん明日もブログは更新できないと思います。飲んで帰ってくるから(笑)

Freoはやっとメイン小説の移行まで来ました。
誤字脱字チェックしながら張り付けているので時間がかかる(>_<)
でもイラストは一切移行してないから、そっちも時間かかるだろうなぁ。
今月はサイトの更新無理かも……

ドラゴンボールのコラボCM



携帯の方はこちらから



携帯の方はこちらから


昔のドラゴンボールが放送されていた頃によく流れていたCMです。
確かそれぞれ何パターンかバージョンがあったはずです。

意味もなく5/8チップ(8分の5チップと読みます。今はあんまり見かけませんね)を食べてました。
パッケージは普通なんですよね。

ロートのCMはドラゴンケースが欲しくてたまらなかった。
当時プールに通っていたのですが、目薬を買ってもらうことは一度もありませんでした(笑)

30代の方には懐かしいCMかなと思います。……20代でも懐かしいと思う、たぶん。

本編でアニメを見れて、CMでもドラゴンボールを見れる至福の時間でした。

ちなみに5/8チップって可もなく不可もなく、普通においしかったと思います。
一日一回買ってもらえるお菓子はビックリマンチョコが多かったのですが、原っぱとかに行くときのおやつは5/8チップをねだっていた気がします。
↑絶対懐かしいと共感してくれる人がいるはず

ドラゴンボールの要所要所

悟空が初めて超サイヤ人になった時の反応ってどんなだったの?

こんな記事があったので、私の感想を載せてみたいと思います。

実は原作を読んだのは4~5年前が初めて。
アニメはたぶん1話目から見てました。もちろんちょっと前に放送していたリメイクじゃない方ですよ。


まずは表題の悟空が初めて超サイヤ人になった時。
とうとう来たーーーーー!!
って感じでした。
前振りはあったし、きっと超サイヤ人になってくれるはずとは思っていたのですが。
ただ一気に悟空が怖くなって口調も変わってそれにもびっくりでしたね。
でも放送時のワクワク感は半端ないです。
ブウ編まではずっとそうだったのですが。(ブウ編は前回までの説明が長すぎてちょっとだらけました)


他に書いてあるギニュー特戦隊を圧倒する悟空にも驚きましたね。
界王様の所で修行してからは重力船の中でしか修行していないのに、こんなに強くなるのかと。
この時点であのベジータと開いた力の差にもびっくりでした。

で、そのベジータ編。
始まりがラディッツに悟飯が攫われる所から始まりますが、あの悟空に子供!?っていうのが一番の驚きでした。
まさかあの悟空が結婚して子供までできるなんて、当初は全く思いませんでした。

まあ悟空が死んだときにもびっくりしましたよ。
ピッコロと共闘したのにもびっくりしましたが。

ナッパ戦、ベジータ戦は早く悟空帰ってきてーーー!!と手に汗握ってました。


他にもちらりとありましたが、悟空が大人になった時。
これもびっくりしましたね~。
ブルマが木に引っかかった風船を取ろうとするのですが、背が届かず別の男性が取ってくれます。
これが悟空だったんですよね。

あのちびっこい悟空がこんなにかっこよくなるなんて思ってもいませんでした。
このあたり女性のツボをついている気もします(笑)

ヤジロベーがベジータのしっぽを切った時もびっくりしましたね。
トランクスがブルマとベジータの子供というのもびっくりしましたが。
絶対ブルマはヤムチャとくっつくと思ってましたし。


あと亀仙人の強さにも驚きましたが、あっという間に悟空たちに抜かれていきましたね。
最初はあんなに強かったのに。
桃白白も強かったな~。

ところで天津飯とランチはどうなったんでしょうね?
それが気になる~~~~。

今までのサーバーについて

この前はブログだったので、今回は今まで使ってきたサーバーについて。


一番最初に使ったサーバーはinfoseekです。
楽天のブログを始めていたので、確か同じアカウントで使えたはず。
今はサービスを終了していますね。

とにかくサイトの一番上に大きな画像広告が出るのが難点でした。
サービスを終了していていますが、結構使っていた人は多いのかな?
放置サイトでinfoseekを使っていた方のエラーページをよく見ます。

次はFC2。
これは長く使っていました。
独自ドメインを取らなければ今でも使っていたと思います。
広告は一番下の一言のみ。これが素晴らしい!!
一つのアカウントで一つしか作れませんが、容量も大きいですし、使いやすいです。
FC2のアカウントで他にメール、掲示板、解析、カウンター色々使うことができます。

次忍者。
小説の感想サイトは独自ドメインにしたのですが、別のサイトは無料の忍者を昨年まで使っていました。
広告はFC2と同じく下に文字ですが、FC2よりは文字数がが多いです。
フレームにするとどちらかの広告を消すこともできますが、広告の文字が改行されることがあるのでちょっと見た目が……と思わないこともないです。
昔は無料版は容量が100MBで、容量一杯になったら申請して増やしてもらえるので実質無制限っぽいようなことが書いてあって気がします。
今は容量500MBになってますね。
ただ容量アップのボタンが見当たらないので、増やしてもらえなくなったのかな??
一つのアカウントでいくつかサイトを作れたはず。
他にメールやカウンター、解析も使えますが、掲示板はありません。


さて、infoseekは忘れましたが、無料サーバーは外部呼出し禁止の所が多いです。
バナーだけはbanner.jpgかbanner.gifで呼び出すことができますが、ここがやっぱり不便。

というわけで初めて使った有料サーバーが有名なロリポップ。
この時ミニバードと悩んだんですけどね、まだミニバードが出来たばかりだった気がするのでロリポップにしました。
ドメインはムームードメインです。
最初から独自ドメインを使う予定だったので、独自ドメインを使う小説の感想サイトだけをロリポップで使っていました。
私が使っていたのはコロリポプランという月額105円のサービスだったのですが、私のサイトではそれで十分。
JUGEMも使えましたしね。

この頃趣味のサイトの外部呼出しの不便さに色々困ることがあって、趣味のサイトも有料サーバーにしようかなと思い始めました。

確かロリポップはオリジナルドメインが使えたはずなので、独自ドメインと併用できないかなとロリポップ内を見てみたのですが、ちょっとやり方がわかりませんでした。
趣味のサイトの独自ドメインを取る方法もあるのですが、もったいないかな~と。
かといって使っているサブドメインで使うのもちょっと……と思ったので、サーバーの移転をしようかなと画策。

で、次に契約したのがミニバード。
いつのまにやら評価を伸ばしていましたね。
値段はロリポップのロリポプランと変わらなかったかな?
なのですが、独自ドメインの他にオリジナルドメインを5つ(だったはず)使えます。
なので独自ドメインもミニバードに持ってきて、趣味のサイトはオリジナルドメインを使えばいいやと。
ドメインの管理もスターサーバーに移して、そこでポイントがたまるので、サーバーの利用料にそのポイントが使えて若干安くなります。

オリジナルドメインがいくつか作れるというのが便利。
忍者と同じ感じで、有料なので広告もなし!
これはお得だと思います。

コントロールパネルはロリポップの方が見やすいですが、ロリポップの方で慣れたのでミニバードのコントロールパネルもすぐに慣れます。

両方ともサービスの説明も充実していると思います。


ちなみに問い合わせの際の対応の良さは全くわかりません。
サイト関連は全くの初心者でしたが、わからないことはネットで調べれば何とかなります。
私程度のサイトなら問い合わせしなくても問題なし。
もっと凝ったサイトを作るときは分かりませんが。

ロリポップもミニバードも質問掲示板があるので、こちらで質問してみるのもいいかもしれません。


まだまだサイト知識未熟な私なので、あまり参考にならないかもしれませんが、私のサーバー遍歴はこんな感じです(^^ゞ

キン肉マン42巻とその他色々

やっとキン肉マン42巻を買いました!

以下ネタバレあります!!





今回ブロッケンjrの決着がつきます。
初代では久々の、自力勝利。って、これじゃあ2世に繋がらない気もするけど、そこはゆでさんだから気にしない(^v^)

ずっと中堅扱いで、戦績がパッとしなかったブロッケンjr。
最後は彼らしい戦いでしたね。
すごく嬉しいです。

ラーメンマンはしきりにブロッケンjrを励ましてましたが、ブロッケンマンが過去最大の難敵ってそうだっけ?って感じもしました。
ブロッケンマンの株がえらい上がっている気がしますね。これもjrのおかげでしょうか。
しかしブロッケンjrは基本軍服で戦うし、上着はボロボロになったり自分で脱いでも下はズボンのまま。
ブロッケンマンはレスパンですよね。
昔の絵だとそれほど気にならなかったのですが、今の上手い画力で見ると、レスパンに帽子って危ない人みたい(笑)
jrは父のその姿を見てどう思ったんでしょうね。父を尊敬している描写はありましたが、コスチュームは真似してませんし、美的感覚だけは違ったんでしょうか??

ラーメンマンも今回で勝利です。
過去の描写が闘将の方を思い出させます。

そして今回再びブラックホールの戦いが!
最後に吸い込んだのっていとこのあの人?
またまた続きが気になります。


今回他にいっしょに買ったのはやじきた学園2の6。銀英の漫画の4、イノセンスRの攻略本です。


やじきたは今回で津軽編が終わりですね。
もう一回津軽編の最初から読み返したくなりました。でもどうしても津軽弁が読みにくい(>_<)
峰岸ってちょっとだけ蜻蛉羽(だったかな?)を思い出しません?

でもまた学園の番はってる奴との戦いとか見たいな~。


銀英。
もうすぐ鉄壁のミュラーになるんだろうな~(笑)
やっぱりヤンはいいよ、ヤン好き。
フレデリカもそばにいて、ユリアンも戻ってきて、まだまだ仲間もそろっていて。
構図的には帝国VS同盟の頃が一番面白いな~と思います。

イノセンスRの攻略本。
PSvitaはまだ買ってません。
でもいずれは買うつもりなので、先に攻略本だけ買ってみた(笑)
今までと大きさが違うしちょっと困った。
読むとやりたくなってくる。でもパーティーが8人ってやっぱり多い気がする。6人くらいが私的にはちょうどいい。

もうすぐおおきく振りかぶっても出ますね、あれ?発売日今日かな??
とにかく楽しみ~~♪

色々訂正加えてます

趣味のサイトをFreoに移行しようと作業する中、もう一度小説を読み返して誤字脱字を見てみると、山ほど出てきました。
特に初期作品は……

初期の作品は恥ずかしくて読み返したくないんですよね。時々チラッと確認はしてましたが、じっくり読むとあちこちに誤字が。

挙句の果てには一人称を間違えてたり、一人称で書いていたのに急に三人称になったり^^;

文章的に変な所も多々あったので、結構直すのに時間がかかりました。

初期の作品は恋愛ものが多いのですが、コメディに走っています。
読み返すとまともな恋愛ものって少ない。量的にはそれ以外の方が多いですしね。


そういえば先日パッパラ隊のアニメを紹介しましたが、「昔とあるギャグ漫画を読んで、軍隊物でギャグを描きたいな~と思ったところから出来た作品です」と書いてあるのはパッパラ隊の事です。
それに三千世界の鴉を殺しが入り込んであんなへんてこりんな小説になりました。

ファンタジーの一番最初の小説は題名はガンダムXから、ヒロインの名前はテッカマンブレードから取ってます。

SFの小説の原型はファンタジックチルドレンの某シーンからなのですが、私もどうしてこうなったかわかりません。
最初はファンタジーのお話を書いてたんですけどね~。

ちなみにメインの小説は津守時生さんの小説全般からと、アークザラッドあたりから来てます。
主人公の髪が赤いのは津守さんのアルマゲストとアークザラッドのトッシュからだったり♪

愛してるを結構連発しているのは、やさしい竜の殺し方の「愛してるは最強呪文」からです。

参考というかパクリのような気もしますが、学生の頃に書いたものだったりしますし多めに見てやってください。

新撰組結成150周年

先日新聞で、新撰組結成150周年の記事を見かけました。

実は、というほどでもないですが新撰組好きです。
小学校の頃にラノベで新撰組を読んで沖田総司にはまりました。
今は土方さんの方が好きですが。

京都に住んでいるので、壬生寺や八木邸にも2度行ったことがあります。
(ちょっと以前に料金で問題が起きましたけどね)


司馬遼太郎さんだったかな?
沖田総司に遊んでもらったおばあさんに取材されたのは。

遠い過去の様で意外と現代ですよね。

今までのブログの使い心地

ふと思いついたので、今まで使ってきたブログの感想を書いてみます。

初めて使ったブログは楽天。
これは職場の友達に相談しました。
ブログの中でページを作ってリンクを貼りたい、と相談したら楽天でそういうページが作れるとの事でした。
まだその頃はリンクのタグすら分からず試行錯誤しながらブログを始めた気がします。

楽天自体は有名ですし、私が始めた頃は楽天内の足跡は名前が表示されました。
全体的にアダルトブログの足跡が多いですね。
ただ楽天に登録しておくと買い物やらできるので、一つアカウントとっておくと便利だと思います。

次、忍者。
私としては使いにくかった。
文書を入力するときの画面がとにかくやりづらい。
エラーも多かったと思います。
結局メインに使うことはなく、更新履歴や拍手のレス用にサブで使っています。
ただ一つのアカウントでいくつもブログを使うことができるので、その点は便利かなと思います。

次、JUGEM。
これはロリポップに登録した際に使えるようになったので、心機一転楽天からメインのブログを変えました。
解析がそこそこ詳しいですし、キーワードの解析なんかは面白かったです。
css、htmlも触れるので自由度が高いと思います。

次、FC2。
このブログですね。
ブログでは1、2位を争う有名なブログですね。
css、htmlも触れます。
使いやすいです。今のところ、他へ引っ越すつもりはありません。


お勧めとしてはFC2→JUGEM→楽天→忍者でしょうか。
あくまで私の主観ですけどね。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

あのSFCのゼルダの世界が舞台。
グラフィックが懐い……

前に書いた気もしますが、いまだに砂漠の神殿がクリアできず、未クリアのゲームですが、面白いです。
あのCMリメイクしてくれないかなぁ。

Freoどうしようかな~

Freoのパソコンのベースはできたのですが、携帯とスマホがまだ(>_<)

スマホはまだ何とかいじれるのですが、携帯をどうしようかと。
トップ画面だけ今のままで、コンテンツを飛ばすか?
でもリンクが面倒だな~~。

スマホにしてもベースをパソコンから持ってきているので、ものすごく地味。

もう少し頑張る!!

文芸部の皆さん!バトン

文芸部のバトンがあったのでやってみました!
ちなみに文芸部は高校の時。
部員は入った当初7名。先輩2名に同級生5名。
その後先輩が卒業し、同級生6名になり、私たちが卒業したら一時休部状態。その後復活しましたそうです。

文芸部の皆さん!バトン

Q1 活動内容教えてくださいー^^
A1 文芸誌の発行、詩や和歌、日本の昔の文化に触れたり
Q2 先輩優しい?
A2 優しかったです
Q3 顧問の先生どんな人?
A3 国語の先生だけど、授業を受け持ってもらったことがないので、いまいちどんな先生か書けないです
Q4 なんで入ったの?
A4 美術部が本格的っぽかったので、どこか別の所に入ろうと友達と相談していてなんとなく
Q5 作品書いてる人は、どんなのが書きやすい?
A5 現代、ファンタジー、SF、コメディ、色々書いていたけど書きにくいのはなかったかな
Q6 もしかして、ヲタ?
A6 そうです
Q7 変なこと聞いてごめんね。質問は以上です。
A7 いいえ、文芸部のバトンがあって嬉しかったです

呉旅行その2

呉旅行二日目です。

朝食はホテルで。
バイキング形式なので、迷わずパンをチョイス。
なのですが、妙にお味噌お汁を飲みたくなって、それもチョイス(笑)

海軍さんの肉じゃがというのもあったので、せっかくなので食べてみました。
この際海軍がついたらなんでも食べてやるって感じです。

しかもまたまた海軍さんのカレーがあったので、ちょっとだけ食べました。
朝からカレーを食べている人は他に誰もいませんでした。気にしない気にしない。

そこからくれたんというループバスに乗ってアレイからすこじまへ。

途中これが見えました。
大和ドック

大和のふるさとと書いてあります。
ここを過ぎると戦艦や潜水艦が見えてきました。
自衛隊1


きゃ~~~、なんだかテンション上がる♪

受付のため、基地の入口へ。
私たちは一番早い公開時間に行ったのですが、結構人が来ます。
いよいよ基地の中へ。
自衛隊2

私たちが見学できたのは、奥の左側の練習艦です。
案内は広報の女性の方が。

この方……マタニティの制服着てらっしゃる!!
確か珍しいんですよね、自衛官のマタニティって。
どさくさに紛れて写メを撮ったのですが、さすがにここにアップするのはどうかなと思うのでやめときます。

艦の上には男性の自衛官が。
か、かっこいい~~!!
写真撮りたいけど恥ずかしくて撮れませんでした。
一緒に写真を撮ってもらっている男の子がいたのですが、うらやましい。
私と母は近くでまともに見ることもできずそそくさと通り過ぎてしまいました(笑)

グルッと回れるので山ほど写メを撮りました。
二日間合わせて140枚くらいあるので、とてもじゃないけどここに載せれないので、またそれもいずれ(趣味の)サイトにアップしたいと思います。

自衛隊3

これは後ろから。
きっとここに海鳥が!(←違うって)
他にもちょっとだけ弾薬庫(だったかな?)を開けてくれたり。
中に何も入ってないから開けてくれはったみたいです。

そのあとはもう一度大和ミュージアムへ。
もうちょっとお土産を買いたかったんですよね。

これで呉とはさようなら。広島へ戻りました。
ちょっと時間があったので、広島観光へ。
有名なのは原爆ドームですが、父が行ったことがあるのと私は長崎の方を見たことがあるので広島城へ行ってみました。
広島城

見た目は古いですが、原爆投下時に倒壊、その後再建されたため、中はコンクリでした。

中でこんなのを着てみました。
裃

簡易な裃です。
母に着せてもらったのですが、結び方を忘れたらしく、ちょっといい加減です。
横で父もちょっと違うと言ってましたね。(←昔尺八のサークルにいたので、裃を着たことがある)

兜

他にもこんなのをかぶってみました。
ちゃんと鎧の部分もあるのですが、兜だけ。
外国の方は楽しそうに着ていましたね。

最後にお土産の写メを。

おみやげ2 おみやげ3

これは友達へのお土産。
二日目のお昼に海軍さんの紅茶を飲んだのですが、これがおいしかった!ぜひ友達に飲んでもらおうと買ってみました。
海軍や海自と言えばやっぱりカレーですよね。
ちなみに二日目のお昼は鯨のカツレツを食べました。
さすがに私の小学生の頃には鯨の肉が出ることはなく、両親が癖があるよと忠告してくれたのですが、缶詰の鯨の肉は食べたことがあるので何とかなるだろうと。
確かに癖はありましたが、想像の範囲内だったのでおいしく頂きました。

後は自分用。

おみやげ1 おみやげ5 おみやげ6

ラムネも飲んでみたかった!大和ですしね。
キャラメルはみんなに配れるように買ってみました。
キーホルダーは家の鍵につけようかなと。もう一つは考え中。

おみやげ4 おみやげ7

お菓子も食べてみたかったので買ってみました。
お酒はひとつ友達にあげようかなと。


帰りは電車が遅れることもなくスムーズに帰ることが出来ました。
夕飯は地元で食べました。
経費は父の会社から落ちるのですが、さすがにこれは気が引けるかな~と言ってましたね(笑)
まあ旅費が会社もちなのでタクシーで京都まで行くなんて選択をしたんですが。
阪急→地下鉄の選択でも値段的に変わらなかったかもしれませんけどね。


さてさて、結局私と母が行きたいところに父を引っ張りまわしたような気がします。
父が呉に行きたいとは言ったのですが、いったいどこに行きたかったのか?
よくわからないのですが、岸壁?かなんかを探していたようでした。
何やら祖父は呉に上陸したときにビールを3本飲んだとかも言ってましたね。
あいにく父はビール禁止なのですが。(私が飲んだビールをちょっとあげましたけどね、基本は医者に禁止されています)


大和ミュージアムでは私と母はざっと展示物を見て、説明を読むのですが、父が来るのが異様に遅い。
そんなに見たかったのかと母と言っていたのですが、あとから聞いたら溶接を見ていたとの事。

そこかい!!

一体どうやって溶接したのだろう?と不思議がってました。
そういえばその父方の祖父のお葬式の時も、火葬場で延々その装置を見ていましたね。その中の機械の一部を父の会社が作っているらしく、音で分かるらしいです。


戦艦とかにも興味はあると思うのですが、基本そういうのが好きなんでしょうね。


何だかんだで結構歩いたので疲れました。
でも色々見れて楽しかったです。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

呉旅行その1

4月13日、14日、呉へ旅行へ行ってきました。

12日は新入社員の歓迎会だったので、次の日に備えてなるべく飲まないようにしました。
なのですが、帰ってきたのは11時過ぎくらい。
とりあえず母に起こしてね、と言いながら12時半くらいに寝ました。

出発する時間から考えて、準備に必要な時間ギリギリまで寝ている予定でした。
ですが、みなさんご存じのとおり5時33分に淡路島で震度6弱の地震が!

5時33分ちょうど、何か聞きなれない音が鳴り続けていました。
私は携帯は常にバイブ状態なのですぐには携帯の音とは気づきませんでした。
しかし昨年の夏に一度近くで浸水があった際エリアメールが来たことがあるので、ひょっとしたらと携帯を見ると予想通りエリアメールが。
まさか……と思いながらメールを読んでみると、緊急地震速報。
地震が来ると認識した途端、ちょうど地震が起きました。

布団にもう一度もぐりこんだのですが、揺れ自体は大したことがありませんでした。
そしてもう一度携帯を確認。

5時33分?

阪神淡路大震災の時と大して変わらない時間。

私のところが大した地震ではなかったので、まさかまた兵庫?と思いながらテレビをつけてみました。

速報が流れる中、いくつかの番組が特別報道へチェンジ。


ちょ、ちょっと待って。
今日旅行に行くんだけど……

と思わず思ってしまいました。

その時点ではどれ程の規模かもわからず、しばらくテレビを見ていました。
そのうちにだんだん目も覚めてきて、結局起こしてもらうことなく余裕をもって起きることが出来ました。
あまり嬉しくはないですが。

とりあえず淡路島が震源という事は分かったので、問題は鉄道事情。
遅れたりするかもしれないから、急遽早めに出発することに。
ネットを付けるのは面倒だったので、携帯とテレビのニュースで確認。
いくつかの路線が運行停止とありましたが、大丈夫だろうとバスで駅へ。

JRが近づくと、運転手の方がJRは止まっていますとの事。

マジかよ!!

駅の改札へ行くとたくさんの人であふれている(>_<)
電光掲示板を見るとすべて運転停止中。
いつ再開するかわからないから、これじゃあ新幹線に乗り遅れる。
こ、こうなったら贅沢ですが京都駅までタクシーという事になりました。
駅にはこれから試合だと思われる学生もいましたが、どうしたんでしょうね?上手く行けているといいのですが。

タクシーに乗ると、私たちの前に乗せた人が電車の乗務員で、やっぱりその方も京都駅まで送ったそうです。
朝だったので、大して込むこともなく、スムーズに京都駅へ着くことが出来ました。
しかし、京都駅前はタクシーでごった返し。タクシーで来る人が多かったんでしょうね。

私たちが乗る新幹線までは結構時間があったのですが、とりあえず中に入って待つことにしました。
幸い、南の方から来る電車はかなり遅れているようですが、北から来る電車は遅れてはおらず私たちの乗る電車は時間通りに来ました。

到着は6分遅れましたが、もっと遅れると思っていたので全然問題ありません。

広島駅へ着き、呉駅へ。
本数が結構少なかったです。

12時くらいには呉へ着くことが出来ました。
ロッカーに荷物を預け、まずは大和ミュージアムへ。

そうそう、前にうちの祖父の話をしましたが、父が言うには戦艦「日向」に乗っていたそうです。
母の話と違うやん!
母曰く「勘違いしてた」だそうです。
でも日向も聞いたことあるぞ!!
で、その日向で大砲を撃ってたのは本当らしいです。
終戦は実はパプアニューギニアで迎えたそうです。
わ、私が読んだ回顧録はなんだったんだ?父曰くそれは祖父の兄弟ではないかと。
パプアニューギニアでアメリカだかイギリス軍だかの捕虜になったそうです。
なのであまり食べ物に困らなかったとか。

大和1

1/10の大和です。
人はぼかしてあります。

大和2

記念に自分も写ってみました(笑)

ゼロ戦1

こっちはゼロ戦。
琵琶湖に墜落したのを引き上げたそうです。この話テレビで見たことあります。

なんか微妙に燃えますよ♪

お昼は近くで海軍カレーを食べました。
母は水兵さんのカレー、私と父は士官のカレーとかいうのを食べました。

そして目の前にあるてつのくじら館へ。

潜水艦1

本物の潜水艦です。
中も見れます。

潜水艦中1

これは士官室?艦長室??

かなり通路は狭かったです。

次は入船山記念館へ。
山

こちら側は洋風ですが、反対側は和風です。

山2

洋風と和風の境目です。

夜はぶらぶらとお店を探しに。

普通の居酒屋に入ったのですが、海軍さんの麦酒があったので、ビールが飲めないにもかかわらず頼んでみました。

呉ビール

向かいに見えているのは父です。

飲めなくても無理にでも飲むつもりだったのですが、おいしい!!
ビールが飲めない私でもおいしいと思いました。
口を付けた瞬間が甘い。
全く苦くない。
終わりの方はきつかったですが、何とか飲むことが出来ました。

次はこれ。
呉酒

千福という、呉の地酒です。
甘い。
私は辛口を飲むことが多いので、ちょっと苦手です。

一日目はこんな感じでした。

本当は大和の写真とか潜水艦の写真とかもっとあるのですが、それはいずれサイトにアップしたいと思います。


明日は2日目の写真をまとめま~す♪

準備

明日は新社員の歓迎会があるので、旅行の準備ができないので昨日着ていく服などを準備しました。
私が二着用意していると母が「二日分用意すんの?」と聞くので、どうやら母は二日同じ服を着るつもりだったようです。

私も悩んだのですが、上着は着るし、下に着る服ならそんなにかさばらないだろうと思うで、二着用意しました。
すると母が横で二着用意するかどうか悩み始めました。

たかが一泊二日やねんから、そんなに悩まんでもええやん。

と言ったのですが、滅多に遠出することがないのでウンウンと悩み続けてました(笑)
どんだけ気合い入れてるんでしょうね。

といいながら私も一着服を買っちゃったのですが。

後は化粧品と、列車での時間つぶし用の本でも一冊入れて、デジカメと携帯の充電器くらいかな?
もちろんお財布は持っていきますよ~~。


問題は今例の国のミサイル問題があるから、自衛隊の潜水艦(船方だったかな?)が見学できるかどうかです。
何もこんな時にややこしい問題を起こさなくても……と思うのですが仕方ないですね。

あ、デジカメの充電忘れてました(>_<)

充電充電~~♪

突撃!パッパラ隊 OP



携帯の方はこちらから


パッパラ隊はなぜかEDは出てくるのにOPが出てこず、気になって検索してみました。
出だしを聞いた瞬間に歌詞を思い出しました。
パッパラ隊はOPもEDも好きでした。

この時期同じガンガンから、このパッパラ隊と守って守護月天がアニメ化されました。
守護月天の方は夕方の8チャンネルくらいで放送していたと思うのですが、パッパラ隊はテレ東系列。
私は京都在住で本来なら見れないのですが、父が山に電波が反射するからアンテナの位置を変えたら見れるというので向きを変えてくれていたので小さい頃からテレビ大阪を見ていたので、画像は悪くても見ることが出来ました。
ナイス父!!
このおかげでライジンオーやら色々見れたんですよね。

映像は守護月天の方がまだましだったのですが、内容はパッパラ隊の方が面白かったと思います。
原作にしてもパッパラ隊の方が好き。
特に最初の頃のパッパラ隊は爆笑できるし面白い。(終わりの方でも最終回は好き)

私は途中からパッパラ隊を読みだしたので、泉ちゃんが何の事だかわかりませんでした。
放送ちょっと前に先輩から原作を貸してもらって、そういう事だったのかと変な納得をした覚えがあります。
この先輩からはツインシグナルも貸してもらいましたね~。

で、アニメは声がぴったり!
もう少し作画が良かったらとは思いますが、それでも毎週楽しみでした。

しかしこのアニメの一番の見どころは水島のお姉さんでしょう。
確か小っちゃい警察官の声も担当されてたと思うのですが、野沢雅子さんが主人公のお姉さんの声だったはずです!!
小っちゃい警察官はバイファムのちっさい子のような感じだったのに、水島のお姉さんだと「泉ちゃ~~ん♪」ってな感じで、小原さんのドロンジョみたいな感じでしょうか。
とにく男性の声のイメージがあったので、驚愕して聞いていた覚えがあります。
たぶん、私が野沢雅子さんの女性役の声をこれっきりだったはず。
これだけでも見る価値はあると思います。

2クールで終わったと思いますが、もっと続けてほしかったアニメです。
時々見せるラン子の女心がいい感じ。
ギャグとしても面白い。

たぶん再放送とかしないなとは思うのですが、もう一回見たいですね。

君のためのライトノベルバトン

君のためのライトノベルバトン

Q1 まずライトノベル知ってますか?
A1 知ってます
Q2 あなたは現在ライトノベルを何冊持っていますか?
A2 千冊以上はあると思う
Q3 あなたがライトノベルの読み始めたのいつからですか?
A3 小学4年生
Q4 あなたが最初に読んだライトノベルは?
A4 林葉直子の吸血鬼は無実の罪
Q5 あなたはライトノベルの内容で買う派?表紙のイラストで買う派?
A5 タイトルとあらすじで買います
Q6 ライトノベルの中であなたの好きな著者は?
A6 ラノベにどこまで含めるか難しいし、あげるときりがないので津守時生さんで!
Q7 好きな絵師は誰ですか?ただしライトノベルに少しでも関与していること
A7 神村幸子さん、小林智美さん、いのまたむつみさん
Q8 あなたは初版や帯とか気にする派?
A8 帯は気にするかな
Q9 同じ本を何冊も買う派?
A9 書いません(間違えて買うことはある)
Q10 中古で買う派?新品じゃないと買えない派?
A10 中古でもいい
Q11 あなたが一番感動したライトノベルは?
A11 時の龍と水の指輪
Q12 あなたが一番びっくりしたライトノベルは?
A12 びっくり?意味のとらえ方が難しいですね。特にびっくりした小説はありません
Q13 あなたが一番萌えたライトノベルは?
A13 萌え?喪心の碑かな
Q14 あなたが一番世界観に取り込まれたライトノベルは?
A14 銀英とかはラノベじゃないですよね。やっぱり喪心の碑
Q15 いいかげん新刊出せよと感じるライトノベルは?
A15 文庫自体なくなって望み薄だけど、グランディール騒世記
Q16 自分では名作だが世間的に埋もれていると感じるライトノベルは?
A16 ディバイデッド・フロント
Q17 BL小説許す?
A17 許します
Q18 アニメ化して欲しいまたは2期やって欲しいライトノベルは?
A18 Black blood brothers
Q19 ライトノベルに救われたことある?
A19 落ち込んだとき、辛い時に、本を読むことで救われました
Q20 あなたにとってライトノベルとは?
A20 漫画ではなく、文字を追う事が面白いと思った出会いのきっかけ
なんだか上手くバトンが表示されないので、下に貼り付けます。

more...

今季のアニメ

先週一週間見たアニメの中で、一番面白かったのは「はたらく魔王様」(だったかな)

最初は普通にファンタジーで面白そうだと思ったのですが、そうきたかって感じです。

私と母、文句なくこれが一番楽しみです。


その次は進撃の巨人かな。
面白かったけど、主人公が好きじゃない。でももう少し見るかな。

あとはseedの絵に似ているアニメ、中途半端な時間にやってるけどSFだからもう少し見ようかなと思う。


で、他にはキングダムかな。
ちょっと立体的な絵が微妙だけど、ストーリーは気になる。

ヤマトは見る。
まだいまいち面白いかどうかはわからないけど、やっと戦艦も出てきましたしね。このパターンは前のと同じだったかな?

母は絵が濃くないねと言ってました。
確かに森雪とか別人。
古代の友人(名前度忘れした)も別人。


とりあえずこれからニコ動でロビンフッドの大冒険を見てきます。
パッと見、絵が私好み♪♪

テイルズオブデスティニー語り

ネタバレ含みます!!
(さらに思い出しながら書いているので、若干事実と違うところがあるかもしれません)




実は私が初めてプレイしたテイルズがPS版のデスティニーです。
SFC版のファンタジアの事は知っていたので、続編か関連作品かなとは思っていました。

当時全く興味はなかったのですが、学校の先輩の友達が持っていて、一か月以内にクリアするなら貸してくれるというので借りました。
はっきりいって別に貸してもらわなくてもよかったのですが、借りないといけないような雰囲気だったので(笑)

まあこれが私とテイルズとの出会いでした。

一か月という区切りがあったので、とにかくプレイしまくったような気がします。
攻略本もなく、ネットはあった気がしますが家にはなかったので、詰まったら翌日先輩に攻略法を聞くという方法で進めていました。

デスティニーはまだまだ操作性が悪いのですが、当時はそんなことを思うこともなく、キャンセルの意味すら分からずプレイしていました。
(一応キャンセルで技は出してましたが)


ストーリーは兵士に憧れる主人公スタンが飛行竜に密航し、首都のダリルシェイドへ向かおうとしますが、途中何者かに飛行竜が襲われ武器を探していたスタンは倉庫で話す武器ソーディアン・ディムロスと出会います。

ソーディアンは使い手を選び、また使い手にしか声は聞こえません。
更に強力な晶術も唱えられるようになります。

スタンはそのソーディアンを手にしたことにより、巨大なレンズ・神の眼をめぐる騒動に巻き込まれていきます。

デスティニーはざっくり前後編に分かれていて、前半は神の眼。
後半は過去に起こった天地戦争絡みの戦いになっています。

パーティーはソーディアンメンバーの他、入れ替わり立ち代わりなのが前半。
後半はソーディアンメンバーは固定で、前半に出てきたキャラ(とコングマンは後半からかな?)を二人選べます。固定メンバー以外は入れ替われたような気もしますが、私はこちらもほぼ固定でした。


神の眼を巡る騒動で、世界を色々回ることになるのですが、アクアヴェイルややっぱりハイデルベルクあたりは面白いですね。
前半だけでも結構長いです。

ファンタジアと比べると顕著ですね。
ファンタジアがサクサク進むイメージですが、デスティニーは結構時間がかかったような気がします。



では幻水のように人物を。
幻水に比べたら圧倒的にキャラが少ないですね(笑)

まず主人公スタン。
馬鹿正直な正義感な感じですね。
テイルズシリーズの主人公の中では結構熱血的な方ではないかと思います。
デスティニー2だったかその小説だったかでいつの間にか世界を救っていた。と言われていますが、その言葉がぴったりとくる性格だと思いました。

スタンは好きでした。
おそらくデスティニーで一番人気があるのはリオンだと思いますが、リオンよりはスタンの方が好きです。


いつの間にか巻き込まれたのに、何とかしようと後ろを振り返らず戦い続けているのに悲壮感がうかがえないのは、本来の性格のおかげかなと思います。
そういう意味ではストーリーだけを見ればサクサク進んでいるようなのかな?

続いてヒロイン、ルーティー。
実は当初全く好きじゃなかったキャラ。
クリアしても好きじゃなかったキャラ。
回復魔法が使えるから重宝したけど、頼むから回復魔法を持っているのに敵に突っ込むのはやめてと思ったキャラ。
ソーディアンは剣なので、基本みんな剣なんですよね。

スタンと出会って、一緒に神の眼の騒動に巻き込まれていきます。
そして、かなりの守銭奴。
実はそれは自分の育った施設のためなのですが、わかっていても私はあんまり好きじゃない。
このあたり、リメイク版ではちょっとスタントのやりとりが増えてますね。

前半の神の眼の騒動が終わった時、持っているレンズとガルドをルーティーに渡していたはずです。
その時のショックは大きかった(笑)

生い立ちとしては決して恵まれていません。
リオンの姉ですが、確か前半ではルーティーは気づいていないはずです。
デスティニー2でも二人の関係は公になっておらず、裏切り者とののしられ続けるリオンの真実を知っている姉としての心境は辛いだろうなとは思います。

次、フィリア。
とにかく好きだった!
見た目も好きだし、声も好き。
フィリアの戦闘終了時の声が聴きたいがために、何度も彼女にとどめを刺してもらいました。
私としてはスタンとフィリアが好きだったのですが、今はやっぱりルーティーかな。
でも個人的には今でも好きです。

さっき書いた通り、魔法使い系なのに剣を持っています。
三つ編み眼鏡さんなのに、分厚いクレメンテを振り回しています(笑)
フードサックというのはありましたが、最近のように攻撃をあてたらTPが回復するというシステムがなかったので、ほかのRPGと同じく魔法は節約していたので、真ん中あたりでじっとしてもらっていることが多かった気がします。
戦闘後に少しはTPが回復するので、戦闘中一回くらいは使ってたかも。

スタンが好きなのに、遠くで見守ってしまう性格。
二部が始まった時、スタンを迎えに来たのはフィリアだったので心情的には嬉しいのですが、回復役のルーティーの方がよかったとこの時ばかりは思いました。


ウッドロウ。
ハイデルベルクの王様(ストーリー当初は王子)。
序盤でスタンを助けるのですが、ディムロスの声を知らんふりする食えない王様です。
デスティニーでは一番好きなキャラ。
とにかく見た目が好き。声も好き。特に「ホールウィンド」の晶術の声が好きでした。

ただ普段の攻撃が下段攻撃なので使いにくい。弓も使えますが、PS盤では剣か弓の二択だったはず。
使いづらさではナンバーワン。
しかもソーディアン・イクティノスが壊れていて、まともにソーディアンを使えるようになるのが遅い。
リメイク版では話せない状態ですがもっと早く使えるのに。

パーディーメンバーのマリーが気になるようですが、リメイク版だとダリルの二択がなくなってますね。
でもさすがに結婚しないと世継ぎとかどうするの?と思います。

リオン。
ソーディアンを持っているうえ、セインガルドの客員剣士。
神の眼をめぐる騒動ではスタンたちの監視役です。
かなりひねくれた性格ですが、スタンたちの旅で少しずつ変わっていった(はず)。
なのですが、実は想い人を人質にとられていたのでスタンたちの仲間にはなりきれるはずはないと思っていたのかもと思います。
そう考えると結構つらい旅だったのかな。

PS版はリメイク版と違って人情的な面は結構あっさりしています。
リメイク版ではスタンとリオンの友情は見せ場だと思いますが、PS版はそれほどでもないような気がしますね。

たった一人の女性のために全てを投げ出しますが、それは大人になりきれてないような印象も受けました。
PS版で思ったことは、どうしてスタンと一緒にマリアンを救うという道を模索しなかったか?という事。
誰に相談することもなく、他の道を探ることなく、たった一人決断したリオン。
孤独だったと思いますが、やっぱり好きではありませんん。今でもあんまり。


ではサブキャラクター。

マリー。
ルーティーの相棒。
強さとは逆に家庭的で声もやさしい女性。
好きなキャラクターです。
PS版の一度目は町に気づかずスルーして、ダリルを死なせてしまいました。
後々までダリルが生きているルートがあるのに気づきませんでした。
やっぱりキャラには幸せになってほしいので、気づいてからはそのルートしか行きません。
リメイク版ではダリルはがっつり生き残るので、ウッドロウとのあの会話がなかったことになるのはちょっとさみしいですね。

チェルシー。
デスティニー、ファンタジアをプレイしてしばらくたったころ、アーチェとよく勘違いしていたキャラ。
エターニアの問題でよく悩みました。

ウッドロウを慕う大人びた口調を使う少女です。
二部でもパーティーに入れていました。

ジョニー。
最初見た目と声が合わないと思いました。
キャラとしては好き。
ただPS版ではあんまり使えなかったイメージ。
二部でも仲間にしたかったのですが、どこにいるかわからず仲間にすることができませんでした。

コングマン。
ごめん、あんまり好きじゃない。
フィリアとスタンが好きだったので、フィリアの恋路を邪魔しそうなのでちょっと……

デスティニーはかなりストーリーも変わったリメイク版が出ているので、色々ごっちゃになりそうなのですが、性格としてはPS版の方が好きです。イラストもそうですが。

スタンとリオンの友情が強調されていますし、あの地底のイベントでは泣きましたが、あのリオンだとどうも中途半端な性格の印象を受けます。

いっそPS版の方がすがすがしい。

ディスティニー2もその後発売されるのですが、こちらも色々補足というかフォローというかつじつま合わせがありますね。
別に気にしませんが。



そうそう、デスティニーもOPがすっごくいいです。
エンドレスで延々と見ていた気がします。

夢であるように

このサビの部分が好きです。

どこかで書いたかもしれませんが、ファンタジアでは「あなたの見た夢は 現実での未来」の部分が好きです。

両方とも”夢”ですね。


テイルズの中ではキャラ間の感情があっさりしているかなと思います。
PS版では恋愛面もそれほど強くないように思います。
(テイルズシリーズでは唯一主人公にはっきり子供が生まれてますが)
恋愛面で強くないという点ならばヴェスペリアもエクシリアもそうですけどね。

デスティニーは6本しかないソーディアンのマスターという縁で結ばれて、目的のために戦う、王道的なRPG的要素というスタイルが好きです。


そうそう、隠しダンジョンもありますが、先輩に貸してもらった時にはそれに気づかず、自分で買って攻略本を買ってから気づきました。
その頃にはPSの調子が悪くて、戦闘が終わったらフリーズすることが時々あって苦労した覚えがあります。


イベントも色々あったような気がします。
そういえば三輪車という敵に会わなくなる乗り物がありますが、致命的に遅いので結局あんまり使わなかったような気がしますね。
コンボも決めにくかったと思います。元々苦手なのもありますが。

ソーディアンのディスクも結構悩みました。
ソーディアンのレベルが上がることにもしばらく気づきませんでしたし。


ただ初めてのテイルズだったので、時間制限もありましたが、夢中になってプレイした記憶があります。
でもどちらかというとファンタジアの方が好きですね。

パッと今書けるのはこれくらいかな?
次はいつかエターニアで♪

theme : テイルズ
genre : ゲーム

初めて手当をもらいました!

正確に言えばコンビニでバイトしてた時にもらったことはあるのですが(^^ゞ
その時は発行されたばかりの二千円札を配ってくれはりました。


(バイトとはいえ)社会に出てから、ボーナスというものは一回も貰ったことがありません。
今回は決算の特別手当らしいです。

PSVitaが買える!!
と思ったのですが、そろそろ定期が切れるので通勤代に消えそうです(;_:)

来週は呉旅行ですし、みんなにお土産も買いたいですしね♪

アップルケーキ

うちの母はあんまりお菓子類を作らないので、普通のケーキはたぶん作ったことがないと思います。
(普通のケーキ=スポンジを作ってクリーム塗ってというケーキ)


そんな母がいつの頃からか作るようになったアップルケーキ。
よくは分かりませんが、生地とリンゴを混ぜてベタッとシートに引きそのまま焼きます。

すごく簡単なんだそうです。

平べったくて、若干ケーキよりクッキー寄りなのですが、これがうまい!
マジおいしい。

小さい頃はともかく、大きくなってからは誕生日にはこれをねだってました。
大きくなってねだるなよって話ですが(笑)

基本母はケーキを買ってくれなかったので、このアップルケーキで妥協していたというのもあるのですが。
ちなみにケーキは祖父が買ってくれていました。
祖父が亡くなってからは買ってくれるようになりましたけどね。

今日は久々になぜかそのケーキを作っていました。
私はケーキが苦手なのですがこれはパクパク食べれます。
生クリームはないし、スポンジっぽくないし、甘すぎないし。

何故久々なのかというと、レシピをなくしてしまったそうです。
上に書いた通りそれほど作り方は難しくないそうなんですけどね。
なので記憶を頼りに作ってみたみたいです。

ただそのレシピを教えてくれた人とは週一(生協のあれ)で会っているので聞けばいいのにと思うのですが。
逆に聞けないんでしょうかね?
ちなみにそのレシピを教えてくれたのは、私のそろばんの先生です。

そう、エレクトーンの先生は一筋裏に住んでいて、そろばんの先生は一筋向かいあたりに住んでいます。
今では二人とも先生をやめていますけどね。


というわけで、今日は別腹でお腹いっぱいアップルケーキを食べました(*^^)v

毎回思うんですよね

友達と飲んだりして話してると毎回思うんですよね。

友達がいてよかった~~って。


ちょっと前に前のブログからひっぱてきた内容にも書いてましたが、親が先生に相談するほど友達が少なかったので、その頃と比べえらい変わったな~~と思います。

って、別にその頃だって友達がいないわけじゃなかいですよ!(笑)
ただ少なかっただけです。
今だって多いわけじゃないですけどね。


私は一人で家に閉じこもっているのが好きなのですが、やっぱりたまには友達と話したいですよね~。

昨日はピアノの話、小説の話、テイルズの話、もちろん仕事の話などもしました。
最初は仕事の話なんですけど、だんだん趣味の話になってきます
こういう話をしていると高校の時を思い出しますね、楽しかったです。

と、昨日の続きのようなブログでしたm(__)m


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

週のど真ん中ですが飲みに行ってきました!

本当は週末に飲みに行きたかったのですが、友達と都合が合わず週のど真ん中ですが飲みに行ってきました。
なので、飲む量も控えめ

色々話をしましたが、その友達はピアノを習っています。
その話を聞いているとエレクトーンの情熱がムクムクともたげてきました。
やる気充電

やっぱりちょっと習いに行きたいなとも思うのですが、中途半端になりそうな気もします。

次はゆっくりと週末に飲みに行きたいな(*^^)v

吟遊詩人トーマス  エレン・カシュナー

 ハヤカワ文庫 1992年07月

おススメ度 5

吟遊詩人のトーマスはある時エルフランドの美しい女王に見初められ、人の世界を離れエルフランドで数年の時を過ごした。
愛人として仕えた女王の元を去る際、“嘘をつけぬ舌”を与えられたトーマスが人の世界に戻ってみると、その世界は7年の時が過ぎていた。
トーマス自身は姿を消した時の若い姿のままであったので、周りの変容に戸惑いを隠せないが、かつての恋人エルスペスと結ばれ、“嘘をつけぬ舌”に苦悩しながらも再び人の世界に溶け込み始める。


読み始めた当初、先にこの方の別の小説を読んだこともあり、ずいぶんと雰囲気が違うその世界に入り込めませんでした。
始まりはとある村の男の一人称で始まり、トーマスという人物が今一つ掴めない人間味のない印象を受けるのですが、次の章でトーマスの一人称に変わると一転人間味が押し寄せてきます。
そしてエルフランドの世界を去り、先ほどの男の妻の一人称になるのですが、ここからは更に俗っぽくなります。
そして最後はトーマスの妻、エルスペスの一人称となります。
ここまで来るとなるほど!と。
始まりの部分はいまいち掴み所がなかったのですが、各々の視点を通して見ればそれぞれの人物の主観が前面に来ていたので掴み所がなかったのかと納得。
それぞれの章(といってもトーマスの一人称は除きますが)では、一人称者が見たトーマスやその他の登場人物の印象であり、章が移り他の一人称者に移ると実際の性格などはやはり違います。
最後になるにつれ、トーマスに近しい人間の一人称になるので、俗っぽくなったのだと思いました。
この辺りは解説にも書いてありますね。私も同意しながら読んでました。

と、最後になると面白かったのですが、小説としては剣の輪舞の世界観の方が私は好きです。
ですが、ファンタジーらしさとしては吟遊詩人トーマスの方がぴったりだと思います。

↓このブログに載せた本をまとめたサイトはこちら
小説の海

theme : 書評
genre : 小説・文学

小説の海の今までのトップページなど

ちょっとサイト用のフォルダを見ていると、昔のトップページがいくつか出てきました。
一番最初に作ったころのはもう削除してしまったのですが、ほんとうにhtmlなんか触ったこともない素人が頑張りました!!って感じのサイトだったので、記念に残しておけばよかったです。
今も素人の域を出ていませんけどね(^^ゞ

で、残っていたトップページで一番古いのがこれ。

サイト1

最初の頃はなぜか画面全体をスクロールをせずに見れるようにこだわっていて、トップ画面の中だけで中身をスクロールする仕様にしていました。
さすがにフレームページは普通のスクロールでしたが。
もちろん一番最初に作った時はそんなことを考えず、普通に作っていました。

まだ趣味のサイトへのリンクが張ってますね。元々は小説の感想サイトと私が書いた小説やらを同じサイトにしていました。
サイトの内容を絞りたかったのと、別のサーバーを使いたかったのでサイトを分けました。

SEO対策などもちょこっとしていますね。

ちなみにこれは素材はお借りしていますが、それ以外は自力で作っています。
最初の頃は素材も自分で作っていたので、今見ると笑ってしまうくらいコテコテしたサイトでした(笑)



サイト2

上のバージョンのちょっと後に作ったトップページです。
どうにも自分にはセンスがないなと思いまして、今回はテンプレをお借りしました。
コンテンツの位置が変わっていますね。一番最初に作った時もコンテンツは上でした。
なんとテーブルで作っている上に、二段に別れていました(笑)
しかも一番最初に作った時はcssの使い方が分からず、全てのページに同じ記述をしていました。
さすがに面倒なことに気づいて、cssを使いましたが。

しかしテンプレをお借りしたにも関わらず、どうもブラウザによってbackgroundがずれてしまうようで、結局また自力で作り直すことにしました。

サイト3

これは今までの反省点を踏まえながら、他のサイトなどを参考になるべく見やすいようにと思い作りました。
(本当に見やすいかどうかは別)
右側のスクロールが一つ減ってますね。
一昨年の年末くらいまではこのトップページでした。
ちなみに携帯版とありますが、途中で作るのをあきらめました。

上二つと違い、更新履歴のリンクも作家さんの名前から本のリンクになってますね。
あるページのある位置へのリンクの仕方が分かったので変えたような気がします。

このトップページは結構長い間使った気がします。

そして今現在のトップページのひとつ前がこれです。

サイト4


一つ上のトップページがどうにもメリハリがないかなと思ったので、しばらく使ってなかった画像をコンテンツの後ろに持ってきてみました。
あまり画像を使いたくはないのですが、色だけではどうにもうまく配色が出来なかったので(>_<)

最初の頃は画像とかも色々使いまくっていました。
戻るやホームへのリンクもボタンでしたしね、本当に今見たら笑うしかなかったと思います。
このトップ画面は一年前くらいまで使っていました。


今現在はこれ。
サイト5

今まで極力避けていた画像を思い切って使ってみました。
小説ですよというのを前面に押し出してますね^^;

あと、トップ画面をすっきりさせたかったので、説明などは別ページへ。
これも他のサイトを回りながらレイアウトは参考にさせていただきました。


しかしこうやって見ると、何度目かの改装にも関わらず、一番上のサイトは本当に手作り感満載の出来ですね。


そうそう、トップに文字が多かったのは、それもseo対策の一つでした。
あまり多くならないように「小説」という文字を入れています。

今現在は別にseoとかいいやと思っているので、記述のチェックをするくらいで、あとはたいして何もやっていません。
昔はアクセス数とかにもこだわっていましたが、今は好きでやってるんだし、好きに作ろうと思っています。
それは趣味のサイトの方に関してもそうですけどね。

趣味のサイトも色々改装したのですが、そっちはほとんど削除してしまって残っていません。
こっちも今思えばすごいベタなレイアウトだった気がするので、残しておけばよかったです。



では最後に残っているだけのバナーを載せたいと思います。
最初はバナーすら作っていませんでした。むしろ別にいらないだろうと思ってました。
なんでそんなこと思ったんでしょうね?

バナー1

まだサイトを分けていなかったので、イラストのバナーを使っています。
このバナーは結局文字を変えて趣味のサイトの方のバナーでしばらく使っていました。

バナー2

今度は一転シンプルにと思ったのですが、シンプルに作りすぎたかなと思いすぐに作り直したのが次。

バナー3

ちょっとだけ変えてみました(笑)

テンプレをお借りしているときは、付随していたバナーを使わせてもらっていました。

この後は今もサイトで使っているバナーになりました。
それもシンプルですけどね。
小説の感想を書いているブログの時に下に貼っています。



せっかくなのでサイトのページについても。
背景の話ですが、最初の時は画像をベタッっと貼っていました。
今考えれば色指定でいいと思うのですけどね。
さすがにそれはどうかと思い、見やすいサイトなどで検索した結果、白が一番無難っぽいので背景は基本白にしました。

それから更に色々検索した結果、少し薄い灰色に少しだけ薄い黒が見やすいそうなので、小説の海の文字の部分の基本はそういう配色にしています。
ただメインであるフレームページは文字部分は白にして背景は灰色っぽくしています。本当はフレームページの文字部分も背景に色を付けることを考えたのですが、なんだかバランスが悪いかなと思ってやめました。
こっちは見た目を優先にしました。それほど長くサイトを見る人もいないだろうし、いいかな~なんて。

趣味のサイトの方は全ての背景が薄い紫です。
これも上と同じ理由で、小説を読む時真っ白では目が疲れるかなと思ったからです。
昔は白でしたけどね。
趣味のサイトも紆余曲折がありました。
結局今のページはひとつ前に使っていたテンプレを基本だけ残してカスマタイズしています。
最初の頃はトップページにイラストを載せていました。
そうそう頻繁にトップページ用のイラストを描けず、また自分でサイトを見る際に自分の絵を毎回見るのもな~と思って、イラストをトップに持ってくるのはやめました。



と、さも私は長年サイトを作ってますよ!
なんて言い方をしていますが、サイトの作成に関してはまだまだ素人です。
素人なので、せめてサイトを見る時に目に優しいようにはしようかなと。

本当はフレームとか使わない方がいいと思うのですが、フレームが使える環境の私としては見やすいんですよね。
こういうのをphpで作ると簡単なのかなと思うのですが。

ではでは本当に最後にサイトの名前について。

一番最初は別のサイト名でした。今思うと恥ずかしいので教えません(>_<)
最初の時はとにかくサイトを作りたいというのが一番で、サイト名はとりあえずなんでもいいやと適当に考えました。
では小説の海は?という事ですが、これはFF3の悠久の風から頂きました。
一番上のトップページのコンテンツや上から二つ目のトップページの更新履歴に趣味のサイト名悠久の海とありますが、先にサイト名を変更したのはそちらでした。
これはそのまんま悠久の風からですね。
で、それに合わせて小説の感想サイトもサイト名を変えようと思い、海は使いたいな~と思い単純に小説の海にしました。

ちょっと話がそれますが、テイルズオブハーツでベリル(だっけ?)が呪文発動の時に「涙の海で溺れちゃえ~」というセリフがあります。
実はサイト名をまた変えようかと思っていたのですが、その台詞にこれだ!!と思ったのでサイト名は変えず、今ではサイト名の由来は「小説の海で溺れたい」と答えています。


と、意外と長々と書いてしまいました。
本当はFreoをいじりたかったのですが、今からどれくらいできるかな……
今日はあきらめようかな。
プロフィール

樹紫

Author:樹紫
趣味の話と小説の感想ブログです。

リンク
サイト&ブログ
小説の海
 小説の感想サイト
Prosit Musik
 エレクトーンの動画ブログ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。