スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーターンアイス

どこかの記事で読んでからずっと気になっていたハッピーターンのアイス。

ファミマで見つけた母が買ってきてくれました。

2014093019230000.jpg

私の予想:中にハッピーターンが入っている。

母の予想:アイスの上にハッピーターンの粉がかかってる。

結果は……


2014093019250000.jpg


どちらもハズレ(笑)
普通のアイスでした。

でも味はハッピーターン。


気になる方は是非♪


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。
スポンサーサイト

結婚式行ってきました!

行ってきました結婚式!

披露宴よりちょっと早めにいけば、式場から帰ってくる新婦に会えるという事で、ちょっと早めに出発。

ばっちり白無垢の新婦を見てきました!!

披露宴はすごくシンプルで大人な式。
新婦らしい式でした。

スピーチは最初の一人だけ。
あとは乾杯の短い挨拶。

その後は各テーブルで写真。

だけの披露宴でした。

私もこういうのが良い


会場への新郎新婦の入場のBGMが純和風。
今まではゼクシィのCMの曲が多かったので、かなり斬新。
あ、5月の友達の時は「天地人」だったかな。

ゆっくりご飯が食べれたし、真相新婦と話す時間もたっぷりありました。


次は私の番だと何度も言われました、まだその予定はありません。
なのに周りは私の式に出席する気まんまんです。

な……なんでこんなに期待されてるんだろう……


あ、新郎さんは写真で見た時より男前でした。


もうとっくに入籍されていましたが、結婚したんだな~としみじみ思うとさみしい限りですね。



追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

theme : 結婚式
genre : 結婚・家庭生活

久々にマニキュア

本当はネイル?
いやいや、ベースだけ塗るからマニキュアでもないか??

というわけで、明日は友達のっ結婚式なので準備中です。
色つきのマニキュアよりネイルとかした方が楽なんだろうけど、いまいちする気が起きないんですよね。
何もしないのもそれもちょっと……と思うので、最近はベースだけ塗ってます。

二か月おきに3回連続の結婚式も明日で最後!
なんだかそれはそれでさみしい(^_^;)

今日は早めに寝て、明日に備えま~す♪


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

一か月の収支 9月分

食費
 昼食¥2151
 夕食¥8400
 その他¥1172

衣服他
 ¥4632

雑貨
 ¥3105


 ¥432

交通費・通信費
 ¥38041

遊び
 ¥3500

交際費
 ¥19460

保険料
 ¥19315

計¥100208

来月の旅行の電車代を買った緒で交通費が跳ね上がってます(>_<)
交際費は贈答品を含んでいるので、色々出費が……

食費もねー、飲みに行かなかったらもっと抑えられるんだけど、やっぱり時には飲みに行きたい!!

でもお金も貯めたいし、来月の旅行が終わったらなるべく節約します。

半年記念がてら

21日、Kさんと付き合って約半年になるので、記念に何か……という事で、ブックカバーを作りに行ってきました。
やっぱりこれも言い出してくれたのはKさん。
あんまり長く誰かと付き合ったことがないので、記念とかは何かしら形に残したいとのことでした。

う~~ん、う~~~ん、やっぱり女子力で負けてる気がする(笑)

で、ブックカバーを作ると決める前に記念に何をどうしようかという時、私が提案したのは縁結びのお守りを買いに行こう!でした。
ええ、ええ、ブックカバーなんてしゃれたもの、私の発想ではございませんよ。

二人が普段使うものという事で、キーケースなど色々考えた結果、ブックカバーに落ち着きました。

出来れば名前を入れたいね、という事で名前を入れてくれるお店を探したのですが、ネット注文が多いんですよね。
そんな中、京都でも名前を入れてくれる店舗を探して、何とか行ってきました。

2014092312350000.jpg

Kさんとは色違いになります。模様は一緒ですけどね。

2014092312350001.jpg

日付と名前が入っています。
お店の方に色々注文を付けてしまいました。
本当にありがとうございます。

で、実は前日に平安神宮でイングラムのデッキアップがあると知ったので、急きょそこへも行くことにしました。
20日と21日の二日間しかなかったので、twitterで友達がつぶやいてくれないと気づかなかった
先月の大阪は諸事情で行けなくて、Kさんが京都でもあるらしいからその時に行こうと言っていたのですが、まさかたまたま出かける日にデッキアップがあるとは思わずラッキ~~って感じです

まだちょっと時間があったので、縁結びでは有名な地主神社へも行ってきました。
私のお目当ての縁結びのお守りもゲット。
男女ペアなので、一つはKさんに持ってもらっています。

そこから平安神宮へは時間も押していたのでバスで移動。
どうやら何かのフェスがあったらしく、すごい人でした。
B級グルメとかもありました。

人ごみを抜けるとイングラム発見
デッキアップまでしばらく見学。
イングラムのデッキアップの関係者は、特車二課のつなぎとTシャツを着てらっしゃいました。
やるな

私たちが見たのは17時のデッキアップ。

2014092117020002.jpg

なんか異様にテンションあがります(笑)

周りの方々は私より上の方が多かったかな、やっぱり。
でも女性の方もそこそこいらっしゃいました。

pato.jpg

2014092117090000.jpg

本当に見れてよかった


あまり連日Kさんと会うことはないのですが、それぞれの用事の都合上昨日も食事へ行ってきました。
二日続けて会うなんて旅行以外なかったなぁ……

と、充実した二日間でした。

テイルズオブデスティニー(下) 運命をつぐもの 矢島さら

 ファミ通ゲーム文庫 1998年06月

おススメ度 6

グレバムとティベリウスを追い詰めたスタン達だったが、グレバムは神の眼と共にファンダリアへと逃れる。
そこでグレバムに支配されたハイデルベルグより落ち延びてきたウッドロウと再会し、スタン達はウッドロウと共にハイデルベルグへと向かった。

追い詰められたグレバムは神の眼に呑まれ、一連の騒動の決着はついた。

しかし再び神の眼は奪われ、スタンはフィリアと共に旅に出る。今度の首謀者はヒューゴと、スタン達と共に旅をしたリオンだった。


サイリルの町を通らないので、ダリス死亡ルートになっています。
一番最初にプレイした時はサイリルの町に気づかず死亡ルートでした。でもダリスが生き残るパターンがあると知ってからは、そのルートばかり辿っていました。
ハッピーエンドが好きな人にとっては辛いルートですね。
かわりにPS版ではダリスが必ず生き残るリメイク版にはないウッドロウとマリーの会話もあったりしますが。

そして人気のあるリオンですが、私はあんまり好きじゃない。
地底で水に呑みこまれてしまうシーン。
リメイクではやりとりが長いのですがPS版はすごくあっさり。なので小説でもあっさりです。
スタンがリオンを説得することもなく、リオンも最後まで捨て駒としての終わりを選択します。
それはマリアンを守りたいというリオンの信念かなと思います、結局はマリアンしか執着できずスタン達はそれ以下だったという事ですが。
それはそれでリオンの選択ですし、このあっけなさもこれはこれで好きです。

あとウッドロウの「壊しっぱなし」というのがちょっとかわいくて好き。
小説のウッドロウは小ネタが効いているなと思います。

読み返してみると、意外としっかり細かいところまで書かれているなという印象です。
どのシリーズもそうですが、ゲームが好きなら読んで損なしです。

↓このブログに載せた本をまとめたサイトはこちら
小説の海

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

テイルズ オブ ゼスティリア

テイルズ オブ ゼスティリア

予約始まりましたね~~!!

色々豪華な特典がついているのもあるんだけど、普通の特典だけでいいかなぁ……
幻水なら迷わず一番高いのを選ぶんだけど(笑)

ゲームとしての期待は半々。
のめりこめるストーリーだったらいいなぁ……


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

従姉妹が来ました

先日日曜日、Kさんと出かける前に急きょ先日結婚した従姉妹が来ることになりました。

ドラゴンボールを見ようと起きたら珍しく従姉妹からメールが。
大学時代の友達と大阪で会うらしく、その帰りに寄ってくれるとの事でした。

慌てて母に報告。
せっかく来るならお土産を持って帰ってほしいので、母が市内まで買いに行くというので私は送迎担当。
従姉妹の送迎も担当しました。

どうやら結婚式の集合写真をわざわざ持ってきてくれたそうです。
送ってくれてもよかったのに、ありがとう

新郎新婦身内だけの式だったのですが、新婦側はまだ私を含めドレスを着る女性がちらほらでしたが、新郎側はドレス着用は新郎の妹さんだけ。
黒のドレスだったので、新郎半分がほぼ真っ黒。
いや、新婦側も半分は黒なのですが、私たち従姉妹と新婦妹の4人いるのでまだ華やか。

男性は仕方ないのですが、若い女性で結婚式に行かれる方は是非明るい服を選んでください!!
絶対華やかになりますから

あ、白とかベージュはダメですよ。
ついでに前が開いた靴もダメですし、サンダルも避けた方がいいと思います。
(実は新婦の母側の従妹の方がこの格好だった。さすがにびっくりしました

着物も喜ばれますが、結構しんどいのです……

テイルズオブデスティニー(上) 運命をつぐもの 矢島さら

 ファミ通ゲーム文庫 1998年05月

おススメ度 6

男として生まれたからには、世界を旅して名をあげたい。
その勢いで家を飛び出したスタンはセインガルドへ向かうため、飛行竜へともぐりこんだ。
しかしその飛行竜がモンスターに襲われ、スタンは貨物庫へと逃げ込む。
そこでスタンは言葉を話すこと出来る剣、ソーディアン・ディムロスと出会う。
そしてディムロスと出会ったことで、特殊な力を持つ巨大レンズ・神の眼をめぐる騒動に他のソーディアンマスターと共に巻き込まれていく。


リメイクではなく、一番最初のPSのデスティニーのノベライズです。
ゲームはファンタジアの方が先に発売されていますが、テイルズの初の小説はデスティニーだったはずです。手元の小説の発刊日を見る限りは。

久々に読んでみると、序盤にヒューゴがアトワイトとシャルティエを手に入れる所。ルーティーがアトワイトと共に捨てられる所が書かれていますね。
こういうゲームにない描写が補完できるのでテイルズの小説を集めていました。

最初に飛行竜から落ちてウッドロウに助けられたとき、スタンがウッドロウに対しひどい誤解をしているところに爆笑しました。
こういう所も小説の面白いところですね。ウッドロウもくまのぬいぐるみを抱いて眠る趣味はないと弁明していますが。

なんというかすごくゲームに比べて俗っぽい感じが端々にあります。
ヒューゴとマリアンの関係も思わず深読みしたくなるような。
よく考えたらデスティニーってテイルズの中では若干パーティーの年齢が上ですよね、なので小説もそんな感じなのでしょうか。一人一人見るともっと年上の仲間も他のシリーズにはいますが。
上巻はアクアヴェイルあたりまでですが、ジョニーが楽器をどうやって使っているかも結構笑えます。楽器を振り上げている描写が何とも。

↓このブログに載せた本をまとめたサイトはこちら
小説の海

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

Kさんと正式にお付き合い

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ガンプラ

私、ガンダムは好き。
宇宙世紀に限らず、他のシリーズも好き。

ストーリーが好き。

でもガンプラには興味ない(笑)


いや、人気があるのは分かるのですが、全く作る気が起きない。
seedあたりでガンプラを作るCM見ても、全然興味が湧かない。


今までの職場でガンダムの話ができる男性は、ことごとくガンプラが好きだった。

ガンダムでそこそこ突っ込んだ話についていけるのに、どうしてガンプラに興味ないんだ!と言われるけど、プラモデルを部屋に置いてもなぁ……という感じ。
ちなみにぬいぐるみの類も一切ない。

まあガンプラについては熱烈に語ってくれる。
私はガンダムは好きでもMSについてはあまり詳しくない。
ザザビーくらいまでは分かる。(←男性陣からはこれでも女性としては知識的にOKとのこと)
でもメインキャラ以外のMSになるとアッガイとかくらいまでしか分からない。

ある職場の男性はガンプラで彼女ともめたそうです(笑)
結婚を考えてたそうで、貯金しようと彼女が言う中、「ガンプラ買っていい?」→「ふざけんな!」となったそうです。
パソコンの横にガンダムがあったらめっちゃかっこええやんと言うのですが、私はガンプラ買うことに反対はしないけど、そんなディスプレイ的なことを言われても分からんわ。
結局別れたそうですが。(ガンプラが原因ではない)

他の人にはガンダムを見ていてMSが出てきたら組み立てたくなるやろ?
と言われましたが、全く思いません。

MSを見て良いデザインだなと思うことはありますが……

ちなみにKさんもガンプラを作ります。
ものすごく凝っているわけではありませんが、男の子ならガンプラは一度は通る道と言っています。


女の私にはわかりませんね。

女の子で言うならと魔法のステッキとか欲しくなる気持ちと似たようなものなのかな(^_^;)


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

theme : 機動戦士 ガンダムシリーズ
genre : アニメ・コミック

スライムカレー

スライムカレー

青いカレー。

青色って食欲を減退させません??

まだスライム肉まんはおいしそうだったんだけど、これはちょっと……

でも気になる。

だけど1080円は高すぎる

味は気になるけどスルーだろうなぁ……


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

って言われない?

昨日もKさんと夕飯を食べに行ってきました。

そんなKさんがこんなことを。

Kさん「樹紫、最近きれいになっ……」

おお……と内心思っていたら

Kさん「……ったって周りに言われない?」

あんたが思うんちゃんうかい

思わす突っ込んでしまいました。さすがに声に出しては言いませんでしたが(笑)


言われないよ、そんなこと。
Kさんと会う時は気合入れて化粧してるし、服装だって通勤オンリーとはやっぱり違うしね。
普段の私はめちゃくちゃ貧相です


まあちゃんと後で「きれいになった」と言ってくれましたが。

特段髪を切ったくらいに変わったところはないのですけどね、若干痩せたくらいで。

と、結局惚気てみました。
めったに言われないセリフだから、記念に書き残してやる


ちなみに私は中の下くらいの容姿です。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

肉肉肉!

肉肉と言っても、キン肉マンではありません。

最近夕飯に肉がよく出てくる。

私、野菜が嫌いなので嬉しいっちゃあ嬉しいのですが、毎日食べるのはちょっときつい。
飽きるとかじゃなくて、食べるのがしんどい。

最近体重が下降気味なのを心配してお肉を出してきてるらしいのですが、私よりやばいのは母だから!!

あとさりげなくお茶碗に目いっぱいご飯を押し込むのをやめてほしい。

母「だって、あんた二杯目食べんから一杯目にいれたろ思て」

って、限度があるっちゅーに!!(>_<)


と、結構お肉を食べているのですが、体重が増えません。
これ以上下がりもしないのでお肉が効いているのかもしれませんが……

まあ秋になったらもうちょっと食欲も増えるだろうし、頑張って体重を戻します!!


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

乾物屋

先日家に帰ってくると、またまたお供えが届いてました。

母は全く送り主に心当たりがなかったけど、住所を見れば父の実家の町。
なので母が田舎に確認。

どうやら父が高校生の時にバイトをしていたお店から届いたみたいです。

母がその時にお礼の電話をしたそうですが、今朝そのお供えを開けてみると中から手紙が。

始まりは広島県の豪雨の事に触れ、すごく書きなれた感じ。名刺も同封されていました。

父が高校生の頃、3年間バイトをしていたという事が色々書かれていました。
夏はアイスクリームを売って、冬は別のものを配達したりしていたそうです。
で、お昼もよく一緒に食べていたとの事。

そういえば、アイスクリームの話は父から何度か聞いたことがあります。
藤原紀香のおじいさんにアイスを売っていたらしいです。
父曰く変わった人だったようです(^_^;)

で、父がこっちで就職してからは3回ほどしか会っていないそうですが、先日地元のお葬式で叔父さんとばったり出会い、父の事を知ったそうで、わざわざお供えと手紙を送っていただいたようです。
叔父さんもバイトしていたらしいです。


手紙を読むまではお返しの品をある程度決めていたのですが、内容を読んで急きょもうちょっと別のものを送ることにしました。
手紙に早めに気付いてよかった

しかし、父はガソリンスタンドでもバイトしていたたらしいので、高校生活はバイトに明け暮れていた感じですね。


話は変わって、最近お風呂をシャワーで済ますことが多いのですが、母にあまり水を飛ばさないでと言われます。
窓も開けてちゃんと換気もするのですが、なるべくカビを発生されたくないとのこと。
今までは父がほぼ毎日掃除していたので、そんな心配なかったんですよね。

本当に父はマメだったなぁ……


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

お出かけしてました

昨日は最後の8月。
毎週週末は雨だったのですが、何とか雨は免れました。

で、Kさんとお出かけ。
ずっと気になっていたKさんの誕生日プレゼントをやっと買うことができました

私、カバンとかって全くメーカーにこだわらないし、無意識じゃない限りブランド物も買いません。
ちゃんとこのブランドのが欲しい、とこだわってるKさんは大人だな~なんて思いました。私の方が年上なのに(笑)

映画はパトレイバーを見てきました。
カッパの歌が結構好きかも。

夕食後は、鴨川の所で話すなんてベタことをしてきました。
いや~、相変わらずカップルが等間隔で並んでますね(笑)
私がその一組に入るなんて思ってもいなかったですよ。
貴重な体験でした。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。
プロフィール

樹紫

Author:樹紫
趣味の話と小説の感想ブログです。

リンク
サイト&ブログ
小説の海
 小説の感想サイト
Prosit Musik
 エレクトーンの動画ブログ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。