スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブファンタジア(上) はるかなる時空 矢島さら

 ファミ通文庫 1999年01月

おススメ度 6

アセリア歴四三〇四年、トーティス村に住むクレスとチェスターが森に狩に出ていると村の警鐘が聞こえてきた。
慌てて戻るとすでに村は壊滅しており、クレスは母より託されたペンダントを手に、伯父のオルソンの住むユークリッドへと逃れるが、オルソンの裏切りにより独立騎士団に捕えられペンダントを奪われてしまう。
捕えられた地下牢で、クレスは法術師のミントと出会う。
何とか牢を抜け出せた二人はトリニクス・D・モリスンという人物に助けられる。
モリスンはクレスの両親とミントの母と共に、かつてダオスを封印した一人だった。

ダオス復活のカギとなるペンダントを奪われ、復活を阻止するために地下墓地へ向かうモリスンをチェスターと共に追うクレスだったが、復活を阻止することはできなかった。
剣では倒せないダオスを倒す方法を探すため、モリスンはクレス達を過去へ飛ばすが、ダオスの攻撃を防ぐためチェスターは現世へと留まる。

目が覚めたクレスとミントはアセリア歴四二〇二年、クレス達の時代には廃れてしまった魔術が残る時代へと飛ばされていた。
魔術がダオスに有効と聞いた二人は仲間になってくれる魔術師を探し旅に出る。
その途中で出会ったのは精霊を研究するクラースだった。
召喚術を身に着けたクラース、そしてハーフエルフのアーチェを仲間にしたクレス達は、その時代のダオスを倒しに向かった。


クレスがすごくミントを意識してますね。
クラースとミラルドの会話も楽しい。旅の初めに渡されたチェリーパイの欠片をずっと持ってたり、クラースはかわいいなぁ。
ファンタジアは何度もプレイしたので、感想を書こうとすると小説の感想というよりゲームの感想になってしまいそうです。

ゲームの要所要所は抑えてあります、パッと行くもありますし。
クレス達の互いの感想や印象などが入っているので、ゲームをプレイされた方、されていない方にもおすすめです。

↓このブログに載せた本をまとめたサイトはこちら
小説の海
スポンサーサイト

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

飲み終わった

2014112919250000.jpg

家で飲むとき、買うのは大体酎ハイなのですが、ここ半年以上はこのよかいちを飲んでいました。
父の葬儀の際、故人の好きだったお酒を……と言われ、母を含め私たちは父が何が好きだったのか分からなかったのでとりあえず焼酎をお願いしました。

葬儀後は家で仏壇に置いていたのですが、母がずっと置いていても仕方ないと言って中身を捨てようとするのを止めて私が飲む!と主張して一人で飲んでいました。

お湯割りでちまちま飲んでいたのと、それほど家飲みをしないのでこんなに時間がかかってしまいました。

今年中に呑み切ったぞ~~~!!!


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

眠くて眠くて

最近やけに眠いです。

今月半ばあたりから22時くらいになるとウトウトしてしまいます。
昨日もちょっと目をつぶったら0時でした(>_<)

じ、時間がもったいない!!

借りた本を読みたいけど、寝落ちする自信がある(笑)

日曜位にまとめて読もうかな。
エイラも読みかけて終わってるしね。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

一か月の収支11月分

食費
 昼食¥2568
 夕食¥5320
 外食¥1732
 その他¥1560

衣服他
 ¥33560

雑貨
 ¥2257


 ¥1274

楽譜
 ¥4968

交通費・通信費
 ¥7861

遊び
 ¥2700

医療費
 ¥3250

保険料
 ¥19315

計¥86365

服とかばんと靴が痛いですね。
でも冬用の服はそろえたし、もう買う必要は……あ、コートも欲しいんだった(>_<)

そろそろ来年の車検に備えてお金を残しておかないと。

というか、来年はあれこれお金が要りそうな感じです(^_^;)

初めて泣きました

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

買い物と印刷

今日は久々に大阪まで買い物に行きました。
冬に切る服が欲しくて(>_<)

京都じゃ中々思うのがなかったのですが、大阪で発見!!
とりあえず4着買いました。
これでしばらく冬服は買わずにすむぞ!!

ついでに母もちょっとしたスーツが欲しかったのでそれをゲット。


帰ってからは喪中ハガキの印刷をしていました。

投函する準備は終わりました。

年賀状はいつもギリギリに出すのですが、今回はそうもいきませんしね(^_^;)


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

昨日は「いい夫婦」の日

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

やっぱり悟チチ

この前のDBZ、悟空があの世へ帰ってしまいましたね。

その時の悟空に抱っこしてほしくて言い出せない悟天のかわいい事

私が抱っこしたい(笑)


で、チチも悟空に抱き着くんですよね。
昔は悟飯の事で悟空を一方的に責めてましたが、なんだかんだで夫婦。
やっぱりこの二人好きです。

あの悟空がチチといると、ちゃんと夫婦に見えるんですよ!!
小さい悟空の頃からは考えられません。

大人になって、子供ができてからは悟空の視野も広がったなと思います。
その成長具合もツボだな~~。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

ブログ訂正中

前から誤字脱字がひどいなと思っていたので、ちょっと過去のブログから読み返してちょっとずつ訂正しています。

昔のブログは丁寧に書いていたなぁ(笑)

いま読み返すと面白いです。

でもいつも途中で眠たくなるんですよね……

少しずつがんばります。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

テイルズオブゼスティリア アニメ化

テイルズオブゼスティリアがアニメ化するみたいですね。

テレビスペシャルアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~』の放映日時が決定!

う~ん、見れないような気もする。
それに今はそんなに見たい気がしない。
ゲームの発売は楽しみだけどね。

史上初「テイルズ オブ」シリーズ全アニメ作品 完全放送!

WOWOWではこんなのもあるみたいです。
でもWOWOW見れない(;_:)
友達に頼もうかな……


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

戦争時代の建物

先日新聞を読んでいたら、戦時中の建物が次々と取り壊されているそうです。

理由は風化や劣化。

何しろ来年戦後70年ですからね、そりゃボロボロになりますよ。

っていうか、もう70年なのですね、なんかびっくりです。


私の感覚では、私の祖父母の世代はほぼ間違いなく戦争体験者。
傷痍軍人さんとかはさすがに見たことないのですが、70年も前というイメージはありません。

私が小さい頃は戦争体験者どころか、戦争へ行った人がゴロゴロいたんでしょうね。

小学生の頃に出された戦争体験を聞いてこよう!
という宿題はそろそろ難しいんでしょうね……

うまく言えないのですが、私の感覚で言えば70歳の人だと戦争を体験しているイメージなのですが、実際は終戦前後に生まれているので戦争の記憶なんてないんですよね。
今は80歳くらいにならないと戦争の記憶がないなんてすごく不思議な感じです。
戦争の体験を聞いてこよう!という宿題は私の祖父が60代の頃に聞いたので、未だにそれくらいの人が戦争体験者のイメージがあるのです。

戦時中の建物のすべてを残すは難しいですが、資料価値があるのは残してほしいと思いますね。
戦争の話を聞ける機会が減っていると思うので、目で確認できるそういうものは貴重だと思うので。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

髪をセットして化粧して

もうすぐKさんが迎えに来る。

ユニクロで買ったフリースを着て、こたつに入ってネット。
の状態からそろそろ離脱。

髪をセットして化粧するか。

いや、これくらいは友達と出かける時もするけどね(笑)

さ、用意用意♪


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

昔の関係だったら

母と二人暮らしになって半年。
まあ前にも父が入院したり、田舎に帰ってるときは二人きりでしたけどね。

どこかで書いたとも思いますけど、私は昔あまり母と親しくなかった。
親子なのに親しいというのは変ですけどね。

小学校の頃の関係だったら二人きりでずっと過ごすなんて耐えられなかったかもしれない。
一度だけ母を好きなふりをしてみようと思った、中学の頃の私を褒めてやりたいww

その母の遺族年金と私の年収はあまり変わらない。
転職すべきなのかなぁ……



追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

テイルズオブデスティニー(青の記憶) 矢島さら

 ファミ通文庫 1998年10月

おススメ度 6

手に入れたレンズのレートの低さに換金を諦めたルーティーとマリーに、オベロン社のウェストがある古代遺跡近くのモンスターのレンズを高値で買うと声をかけてくる。
そこで二人はリコという子供と、サイリルの自警団にいたダニエスという青年と出会う。
なりゆきで引き続きウェストからレンズを運ぶ仕事を四人で引き受けたルーティー達だが、ウェストの目的はレンズではなく、ルーティー達を人間モンスターにすることだった。


スタンはおまけのように最後にちょっとだけしか出てこず、ルーティーとマリーがメインの話です。
記憶を失ったマリーの過去を知っているダニエス。
ですが、マリーに惹かれるダニエスはそれを告げることができません。
同行するリコという子供もそうですが、ストーリーはかなり重い展開です。

ルーティーはちょっと失言が多すぎかなと思いますね。
でもその分マリーがやさしいです、豪快な剣の使い手ですがこういう所が大好きです。

↓このブログに載せた本をまとめたサイトはこちら
小説の海

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

ごあいさつに行ってきました!

今日はKさんのご両親にあいさつに行ってきました。

Kさんが私を迎えに来てくれるのが11時。
11時半頃にKさんの家に着き、ちょっとだけお邪魔させてもらう。
12時にお店を予約しているので昼食を一緒に。


という流れの予定でした。

当然私は11時に出かけられるよう準備。

するとKさんからちょっと問題が起きたと連絡が。

なんと、両親が昼食を食べてるらしい!!

なんで~~~~!!!!

まあ何やら意思疎通ができてなかったらしい。
食事が夕食を一緒にだと勘違いされていたそうです。

Kさんが連絡してくれるというので、食事をする予定のお店に電話してもらって、時間を14時に変更。
13時半に私を迎えに来てもらって、その足で両親を拾って直接お店へ。
Kさんのお宅へはそのあとにお邪魔することになりました。

まあ、最初からグダグダな感じでした(>_<)

お店に着いたらKさんのお父さんが色々話してくれて、それほど沈黙の時間もなく過ごせました。
途中、Kさんのお父さんが「こうやって結婚相手を連れてくる年になったんやな」と。

「え!???」

慌ててKさんを見ると苦笑い。
おいおいおいおい。

そこはちゃんと話が通っていたお母さんが否定してくれました。

まだそこまで話はすすんでない、今日はあいさつだけ、と。

食事をしている間、一切Kさんは話さない。
ちょっと何か話してよ!!

家にお邪魔してからもKさんはほとんどしゃべらない。
お父さんがしゃべってくれなかったらどうなっていたか……


夕方だし、あまり長居するのも悪いと思い、17時過ぎには帰ったのですが、なんだか疲れました。

あ、お土産を持たせてもらいましたし、また来てねとも言われました。
お世辞かもしれませんが、嬉しかったです。


送ってもらう途中二人きりだとKさんが色々話してくれたのですが、それをさっきの時に発揮してよと突っ込みました。
家ではいつもそんな感じなのかと聞くと、そうじゃないとのこと。
だったら話に加わってよ!!


Kさんのご両親は気さくな方でした。
ご両親とも、自分たちはこんなんだから緊張しなくていいよと言ってくれたのですが、やっぱり最初だし緊張します。

あ、家に行ったとき、お父さんがミンキーモモのコップを使っていたのはびっくりしました。
どうやらKさんのお姉さんか妹さんが使っていたのを使っているらしいです。
うちの母もあさりちゃんのお茶碗を時々使いますね(笑)

私はKさんとお姉さんよりも年上なのをちょっと気にしていたのですが、その辺はご両親は全然問題ないみたい。

とりあえずこれで、肩の荷が少しおりました。
相手のご両親にあいさつ、なんて私がすることになるとは去年までは思ってもみなかったことです。
いや、自分でもびっくりす。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

ごあいさつに行ってきます!

明日はKさんのご両親にあいさつに行ってきます。
といっても、結婚のあいさつじゃないですよ!
先月Kさんがうちに来たのと同じく、ただ単にあいさつだけです。

何やらすごくウェルカム状態らしいのですが、それはそれでプレッシャーです。
ちなみに、私はKさんのお姉さんより年上で、Kさんは私の妹より年下です。
さすがにお姉さんより年上なのはどうよ……と思わないでもないです。

緊張しますが、頑張ってきます!!


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

FF5 はるかなる故郷



たまにふとききたくなる曲。

始めてプレイしたFFが4で、4~6はSFCという同一ハードの中なのにグラフィックの進化をすごく感じました。
ゲーム音楽もそれぞれ特徴があって、4っぽい、5っぽい、6っぽいと勝手ながら思います。
(それ以降はPSとかになるし、音の質が全然違うのですが、それはそれで好き)

5は初めて弾いたFFの曲です。
友達にピアノ楽譜を借りて弾いていたのですが、自分の練習そっちのけで練習しました。

はるかなる故郷もずいぶん練習しましたね。
でも私にはちょっと難しい。

SFC時代は、すごくストーリーと曲がマッチしていた時代たと思います。
どうしても2~3等身で動きに制限があるグラフィックの中で、曲がそれをカバーして、想像力をかきたててくれました。

ドットのグラフィックと、PSに比べればこもった音のBGM、でもそれが合ってた。
PSはPSできれいなCGとはっきりした音のBGMでFF7もすごく合っていたと思います。

懐古主義になっちゃいますが、あの頃は一つ一つのゲームがすごく楽しかった。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

健康診断の結果

一か月前に受けた健康診断の結果が来ました。


総合判定は……C。

診断を見るとほぼAで、問題はないのですが、たった一つC判定がありました。

BMIです。

今までさすがにBMIの基準をはずれたことはなかったのですが、BMIの下限を軽く下回ってました。
私の身長では標準体重は60kgだそうです。
今まで体重が一番重かった時でも56kgだったので、60kgなんて無理。

それでも昨年までは50kgは超えていたのですが、今はそれ以下。
まずいかなと思い、ご飯も頑張って食べているのですが一向に増えません。

今回は血液で判定できる子宮がんの検診も受けたのですが、何も問題なかったです。
体重が減っているのが気になっていたのですが、何も異常がないならただ単に食べる量と通勤に自転車を乗るのを止めて歩いているのが原因かなと思います。私としてはそれくらいでこんなに体重が減るのかと疑問なのですが、他に思い当たる節はありません。


身長は去年とぴったり同じでした。

でも驚くことに、ある男性がどう見ても細身なのに太りすぎですの判定が出たらしいです。
なんと、身長が80cmになっていた!!
おいおい、”1”が抜けてるよ。

80cmって赤ちゃんか!!

考えたら分かると思うのですが、そういう所はチェックしないんでしょうか。
まあ私も昔、性別”男”で診断結果が来たことがありますけどね。
私の名前は”子”がつくのに、普通おかしいと思わないのでしょうか?

不思議不思議……


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

レーヴユナイティア 感想 その2

ネタバレあります!!


ナハト編、クリアしました。
これで一通り一周クリアです。

ナハト編はテルン編の半分辺りまでですね。
ナハトがおかしくなったあたり、それがナハト編の最後です。

まあなんというか、責任感が強すぎて自分一人で背負いこもうとして……という展開です。
あれですよね、テルン達は愛されているけど信頼されていない。というエメロード姫的な感じ。

でもテルンは救ってあげないなとは思いました。
実際テルン編で救ってますが。

グレードはテルン編まで終わって、ちょっとだけ戦闘を繰り返したらほぼ必要なものは買えます。
そんなに苦労はしませんね。

ただ引き継ぎをしないと、高感度キャラが全員そろわないのはどうなのよと思いました。
テルン編で最後まで高感度キャラが出てこなくてまさか……とは思っていたのですが。

2週目は経験値2倍を付けているので、サクサクレベルがあがり、戦闘も楽ちんです。

そしてキャラクターを最初から全員にしていると、いないはずのキャラがしゃべってくれます(笑)
戦闘でも会話があったりするので、2週目も結構楽しめます。

ストーリー自体は短く、(私は)時間のかかったマイソロとは天と地ほどの時間差がありました。
結局いまだにマイソロ3はクリアしていませんし。

短い分サクサク進めるので、私は結構楽しめました。

ただキャラが多いので、戦闘に出すキャラに悩みます。
ティアクラもそうでしたけどね。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

私じゃなく、母の両親ですか!?

この前仕事帰りの母を迎えに行って、買い物のためにスーパーに寄った時。

突然小奇麗なおばあさんに話しかけられました。

おばあさん「え、と。ほら、顔は覚えてるんやけど、誰やったかな?ほら、え~~~と」

とマシンガントークで母の前で悩み始めた。

おばあさん「ああ、○○さん」

と、やっと名字が出てきました。
どうやら母の知り合いらしいので、軽く挨拶して私は横でぼ~~っと成り行きを見ていました。

おばあさん「ご両親はお元気?」

私・母「???」

思わず私も母も一瞬悩んでしまいました。

母「え、両親というのは私の?」

おばあさん「そうそう」

母「両親はもう……」

おばあさん「まあそうだったの!!」

祖父は十年ほど前に亡くなったのですが、祖母が亡くなったのは二十年以上前。
一体いつの知り合いだろうと私には疑問符が飛び交いました。


その二十年以上前の祖母について色々話されていたので、祖母の知り合いなのかなと思ったら今度は私に話を振られた。

おばあさん「ところで、あなたは上の子?」

母「はい」

名字が出てこないのに、私に姉妹がいるってことは知ってるんや(笑)
って、どうしてこんなにうちの事情に詳しいのか??

おばあさん「もう結婚してはる?」

私「いえ、まだ」

おばあさん「そうなの!今は中々結婚しない人も増えてきて、三十を超えても結婚できない人が多いのよ。そういう人たくさん知っているから紹介とか頼まれてるのよ。恋愛とかしてはるの?」

うわ、今時珍しいご近所のおばさんタイプだ!!

私「いえ、まだ話がまとまらず」

と、慌てて言葉を濁してみる。

おばあさん「ああそうなん!恋愛中なのね。いいことやわ」

とひとしきりマシンガントークをした後別れました。
速攻母にあの人誰?と聞くと、祖母がお世話になった保険の方らしい。

なるほど、だからうちの事情に詳しかったんですね。
でもそれならなぜ祖母が死んだことを忘れているのか。

なかなか強烈な人でした。

でもお世話好きの良いおばちゃんって感じの人でした。
母も昔はこういう人がたくさんいたんやけどな~と言ってました。

私は正直ついていけないけど……


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。

レーヴユナイティア 感想

ネタバレあります!!

テルン編、クリアしました。


途中からちょっとキャラ全員を平等にレベル上げ!
はあきらめ、ストーリーを進めることにしました。

仲間多い。
単純に言えばマイソロがSRPGになっただけ、ですね。

でも全体的な長さで言えばレーヴユナイティアの方が短いかな。
SRPGは嫌いじゃないし、私は楽しめました。

なんか幻水のラプソディア的な感じですね。

ストーリーの展開はマイソロ的な感じですね、私はゲームを楽しみたかったので結構すっとばしです(^_^;)

キャラ同士の好感度をあげれるのですが、私としては全員MAXにしたいのですが、結構時間がかかりそうです。
どこまで飽きずにプレイできるかなって感じです。

今はナハト編の途中です。

とりあえず両方クリアして、2週目をしたいなと思います。


追伸
 小説の海への拍手ありがとうございます。
プロフィール

樹紫

Author:樹紫
趣味の話と小説の感想ブログです。

リンク
サイト&ブログ
小説の海
 小説の感想サイト
Prosit Musik
 エレクトーンの動画ブログ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。