FC2ブログ

ドラゴンボールの要所要所

悟空が初めて超サイヤ人になった時の反応ってどんなだったの?

こんな記事があったので、私の感想を載せてみたいと思います。

実は原作を読んだのは4~5年前が初めて。
アニメはたぶん1話目から見てました。もちろんちょっと前に放送していたリメイクじゃない方ですよ。


まずは表題の悟空が初めて超サイヤ人になった時。
とうとう来たーーーーー!!
って感じでした。
前振りはあったし、きっと超サイヤ人になってくれるはずとは思っていたのですが。
ただ一気に悟空が怖くなって口調も変わってそれにもびっくりでしたね。
でも放送時のワクワク感は半端ないです。
ブウ編まではずっとそうだったのですが。(ブウ編は前回までの説明が長すぎてちょっとだらけました)


他に書いてあるギニュー特戦隊を圧倒する悟空にも驚きましたね。
界王様の所で修行してからは重力船の中でしか修行していないのに、こんなに強くなるのかと。
この時点であのベジータと開いた力の差にもびっくりでした。

で、そのベジータ編。
始まりがラディッツに悟飯が攫われる所から始まりますが、あの悟空に子供!?っていうのが一番の驚きでした。
まさかあの悟空が結婚して子供までできるなんて、当初は全く思いませんでした。

まあ悟空が死んだときにもびっくりしましたよ。
ピッコロと共闘したのにもびっくりしましたが。

ナッパ戦、ベジータ戦は早く悟空帰ってきてーーー!!と手に汗握ってました。


他にもちらりとありましたが、悟空が大人になった時。
これもびっくりしましたね~。
ブルマが木に引っかかった風船を取ろうとするのですが、背が届かず別の男性が取ってくれます。
これが悟空だったんですよね。

あのちびっこい悟空がこんなにかっこよくなるなんて思ってもいませんでした。
このあたり女性のツボをついている気もします(笑)

ヤジロベーがベジータのしっぽを切った時もびっくりしましたね。
トランクスがブルマとベジータの子供というのもびっくりしましたが。
絶対ブルマはヤムチャとくっつくと思ってましたし。


あと亀仙人の強さにも驚きましたが、あっという間に悟空たちに抜かれていきましたね。
最初はあんなに強かったのに。
桃白白も強かったな~。

ところで天津飯とランチはどうなったんでしょうね?
それが気になる~~~~。
スポンサーサイト

comment

Secret

女性視点ですね。

おはようございます。

訪問&コメント有難う御座います。
職場で寝てしまうのは、やばいですよね。
私も何度も経験がありますけど。(*^_^*)A

私も数年は、無料で行きたいと思いますね。
とりあえず、そこまで続くかどうかも、わかりませんので。

今回の記事を読んでいて、女性視点だなと思いました。
悟空の成長した姿は、確かにカッコイイですよね。

ブルマとヤムチャは、最初だけだった気がしますね。
ベジータとくっつくとは、思いませんでしたけどね。

天津飯とランチって、そういえばって感じです。
天津飯は、覚えていましたけど、
ランチは、思いっきり忘れていました。(;^ω^A

それにしても、ドラゴンボールは、偉大ですね。
今の映画も人気みたいですからね。

Re: 女性視点ですね。

>ランスロットさん

こんばんは。
寝たらいけないと思えば思うほど睡魔に負けるというか。
眠気覚ましにコーヒーを飲むようにしていたら、いつの間にか苦手だったコーヒーが平気になりました(笑)


やっぱり私の感想は女性視点ですよね。
書きながら思いました。
あの風船を取ってあげるシーンが大好きなんです。
リアルタイムで見ていた頃からず~~と忘れないシーンです。

悟空とチチが結婚するところも好きです。

更に”あの”悟空が子育てしていたなんて、ちびっこい悟空の頃からは想像もできません。
そこを想像すると楽しいです(^v^)

ブルマとヤムチャはケンカも多かったですが、まさかヤムチャと別れてベジータとくっつくなんて予想外でした。
でもだからこそ未来では悟飯がトランクスという弟子を持てたんですよね~。
と、こんな考え方が女性的なんでしょうか(^^ゞ


ランチは途中から全く出番がなくなったのですが、天津飯を追いかけていたことだけは覚えていたのでずっと気になってました。
wikiで調べたら一度フラれたけど追いかけまわしているそうです。

DBの新作映画、できればテレビで早く放送してほしいです。(見に行くのはちょっと恥ずかしいので)
過去の映画ももう一回見たいな~~~♪
プロフィール

樹紫

Author:樹紫
趣味の話と小説の感想ブログです。

リンク
サイト&ブログ
小説の海
 小説の感想サイト
Prosit Musik
 エレクトーンの動画ブログ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter